2007年4月10日火曜日

SACD

スーパーオーディオCDっていうのがありまして。
まぁ簡単に言えば音のいいCD。

近頃、MP3とかWMPとかいろんな音源の圧縮方法があって、CDの1/10くらいのデータサイズでそんなに悪くはない(?)音質で録音できるようになったが、やっぱなんかMP3とかって音の広がりがない。
CDと聞き比べると、耳が普通の俺にでも、若干だが違いが分かる。

んで、CDよりさらに音がいいのがSACD。
こんかいノラジョーンズのSACDを買いました。

すげぇ。結構違う。っていうかなんか、ナチュラル。
軽く感動できるレベルだ。もうSACDしか買いたくないかも。


ところで、昨日から学校が始まったみたいで電車が混んでます。
そのうち大学生がサボりだして空くんだけど、それまでは辛抱だな。
地元の駅にも、学校でもらった大盛りの茶封筒を抱えた大学1年生がいっぱいいて、なんかフレッシュな気分と、懐かしくてちょっと切ない気分が入り混じった、そんな気持ちになった。

2 件のコメント:

takuro さんのコメント...

問題は、版権持ってるSONYのプレイヤーが大して良くない事と対応してる曲がまだまだ、偏りすぎてる。
まぁー今度の発展に期待だが、如何せん、飽きっぽいSONYと考えると(´・ω・`)

arkstrong さんのコメント...

確かに偏ってるね~。
だけど、J-POPとかがSACDのクオリティーになったりしてもあんまり興味ないな~。

PS3はSACDにかなり最適化されてるらしぃよ。