2007年5月22日火曜日

隣の芝生




結婚式に行って撮った写真が喜ばれたわけです。




やっぱ自分で作ったものが褒められるっていうのは気分がいいものですな。




人を撮る写真は二種類あると思うんですよ。


ポーズをとるのととらないの。


グラビアとか記念写真とかはポーズをとるけど、


運動会の写真とかってポーズはとらないと思うんだよね。




俺は後者が好き。


写真ってのは、ある時間のある平面に当たる光を記録するものなわけです。




俺の心がけてるのは、隣の芝生を青く撮ること。




人ってのは、自分が過ごしてる時間と空間を平凡と感じる性質でもあるのか、


日常に無感動だったりするんだけど、


ちょっと離れて見ると、その人のいる空間は非常に素敵なものだったりするんです。




それを写真を見せたときに感じてくれたらいいなと思って撮ったりします。

っつーかまじ、お嫁さんきれいでした。

0 件のコメント: