2010年2月23日火曜日

OracleXEで家計簿


家計簿の目的は家庭のキャッシュフローを把握して、調整することですよね。

ようは入ってくるお金がどこからいくらあって、出て行くお金がどこへいくら出て行っているのか。
それが分れば節約可能なところや、すべきところが分って、結果、貯蓄や資産を増やすことにつながると。

まぁそういったことなんでしょう。

ただ、ノートとかEXCELにイチイチ家計簿をつけるのってメンドクサイよね。
そこでやりたいことを上げてみた。

・入力は、基本的にネットで落とせる預金通帳と、クレジットカードのデータ、給与明細のみ。
・光熱費や通信費などの固定費や、娯楽費、生活費などをカテゴリ分けし、月単位で集計
・年収や税金、社会保険料などがいくら掛かっているか見れる。
・貯蓄目標などに対し、月いくら貯蓄したらよいかがシミュレートできる。

このくらい出来れば十分かと。
なによりこだわりたいのが、一ヶ月~数ヶ月に一回データを取り込めばOKにしたいことと、
その他の計算が出来るだけ自動で行えるようにしたいこと。

そうすれば、「家計簿をつける」ということから開放されて、「節約方法を考える」ことに集中できるはずだ。

そこで、慣れていることもあるんだけど、ツールとしてOracleXEを使うことにしました。
他のDBでもいいと思うし、アクセスとかでも十分出来るんだろうけど、
アクセスとか・・・ない・・・ので。
無料万歳!

んでとりあえず作ってみた。

作ったテーブルは、スクリーンショットのところにある感じ。

ようは、トランザクションデータとして、預金通帳、クレジットカード明細、給与明細を用意して、
それぞれにカテゴリ的なマスタテーブルと期間マスタを用意。
最後に貯蓄シミュレーション用のテーブルを用意して完成。

後はSQLをぶち込めば、上に書いてあったことは全部出来ます。
今のところ特にプログラムもいらなかった。

作ったSQLは適度にVIEWにしたり、メモって置いて保存することで、
データを入力すれば、後は自動的に集計等が行われた状態のデータが閲覧できるという仕掛け。

データの入力は、Oracle SQL Developerがあれば余裕なので、特に画面プログラム等は用意せず。
後はデータをグラフにして可視化したいんだけどな~。
勉強しないと・・・。

0 件のコメント: