2010年11月23日火曜日

neetになるにはどうすれば良いのかを本気出して考えてみた。

誰にも文句を言わせずにneetになるためには、どうすればいいのか?
条件はこんな感じか。
①生活費(家族分含む)が自分で賄える
②税金、社会保険費が払える
③老後まで含めて保障出来るだけの貯蓄、保険がある

この三つを具体的に言うと、
①不労所得で手取200万円~500万円ほどを得られるソースがある
②所得から、税金、社会保険費を払うノウハウがある(申告系)
③30歳ならば、残り50年×300万円=1億5千万円 程度の貯蓄がある
 ※ただし、例えば31歳になった場合、300万円余るので、歳を取るほどこの貯蓄はいらなくなる。

これだけあればいいんじゃないかな?と。
つまり①~③は連動していて、お金と適切な投資先とファイナンシャルリテラシーがあればいけそうです。

①の200~500万円を得るには、年率3~6%くらいで安定して収入が入る投資先と、1億円の資金があればいけます。
税金とか社会保険料を引いた手取で考えると、2~5%ではダメですね。
この投資資金は基本的に0円以下にならない投資であることが重要です。
高レバレッジな金融商品とか、信用取引などで、下手をすると1億円以上の損失を出すような投資は×でしょう。
また、投資方針としては、基本的にインカムゲインを狙うほうがいいでしょう。
もちろん、元本の価値が下がらないような投資先でないと怖いので、なかなか難しいところです。
具体的には不動産や、債権をレバレッジなしもしくは、低レバレッジで分散運用するのが定石かなぁ?

不動産なら、よくありそうなそこそこいい投資物件。例えばRC造築10年駅近で、表面利回り10%くらいのものを買うとして、
修繕費とかを加味すれば、実質利回りは実はせいぜい6~7%位でしょうか。
物件の価値が年間2%ずつ下落していくと考えて、本当の実質は4~5%程度のリターンがやっとかな。
さらにリスクも考えると、もっといい条件の物件が必要。

1億と購入物件を担保に数億の物件を購入する(レバレッジを掛ける)ことで自己資金利回りを上げるのも手だけど、
もちろんリスクも上がります。まぁ、1.5倍~2倍くらいは掛けてもいいと思うけど。

債権にしても、ギリシャやアイルランドのような有名な国ですら沈むので、
為替も含めて、長期的に収益を稼げて沈まないものを選べる目と、臨機応変に対応出来る目がいります。

そして、その1億円のほかに、80-年齢×300万円くらいの貯蓄(現金+国債+外貨あたり?)があれば、
なにかあったときでもある程度対応出来るでしょう。

つまり、60歳でneetっていうか引退するには、1億6000万円ほど貯めておけばいいわけですね。
(ただ、現在でこの歳であれば年金支給(年200万円以上)を考えると投資分はほぼ必要ないし、貯蓄分は食いつぶしていくだけと考えるなら、5000万円くらいあれば十分かも。)
40歳ならば、2億2000万円。30歳なら2億5000万円。日本の年金システムの今後が信用ならない以上、このくらいはリアルに必要でしょう。

よーし、宝くじ買ってくるわ!

0 件のコメント: