2011年5月14日土曜日

モテる女子力を磨くための4つの心得「カーボンフレームに乗れない女をアピールせよ」等

こんにちは、自転車恋愛マネジメントを専攻しているarkstrongです。
私は学歴も知識もありませんしデブですが、自転車恋愛に関してはプロフェッショナル。
今回は、モテる女子力を磨くための4つの心得を皆さんにお教えしたいと思います。
 
1. あえて2~3世代前のコンポーネントで走行会にいく
あえて2~3世代前のTIAGRAなどのコンポーネントを使うようにしましょう。
そして走行会の場で好みの男がいたら話しかけ、わざとらしくデュアルコントロールレバーをカチカチいじってみましょう。
そして「あ~ん! このデュラコン本当にマジでチョームカつくんですけどぉぉお~!」と言って、男に「どうしたの?」と言わせましょう。言わせたらもう大成功。
「メカニックとか詳しくなくてぇ~! ずっとコレ使ってるんですけどぉ~! 使いにくいんですぅ~! ぷんぷくり~ん(怒)」
と言いましょう。だいたいの男は新しいコンポーネントを持ちたがる習性があるので、最低でも1世代前のULTEGRAあたりは使っているはずです。

そこで男が「新しいコンポにしないの?」と言ってくるはず
(言ってこない空気が読めない男はその時点でガン無視OK)。
そう言われたらあなたは「なんかなんかぁ~! 最近サンツアーが人気なんでしょー!? 
あれってどうなんですかぁ? 新しいの欲しいんですけどわかんなぁぁああい!! 私かわいそーなコ★」と返します。
すると男は「スラムでしょ? サンツアーのコンポはもう20年前から出てないよ。本当に良くわからないみたいだね。どんなのが欲しいの?」
という話になって、次の休みの日にふたりで自転車屋のデートに行けるというわけです。
あなたの女子力が高ければ、男がDURA ACEを買ってくれるかも!?
 
2. 峠で><;的な顔を使うとモテる
「死ぬー!」とか「まじ辛い!」などを表現する「><;」的な顔色を見せると、
峠の男性ローディーは「なんかこの子カワイイなぁ」や「引いてあげたいかも」と思ってくれます。
峠では平地よりもイメージが増幅されて相手に伝わるので 「><;」 を多用することによって、
男性はあなたを可憐で女の子らしいと勘違いしてくれるのです。
そういうキャラクターにするとほぼ絶対に同性に嫌われますが気にしないようにしましょう。
 
3. とりあえず男には「えー! なにそれ!?  知りたい知りたーい♪」と言っておく
LSDなどで男が女性に話すことといえばコンポーネントやプロレースの話ばかり。
よって、女性にとってどうでもいい話ばかりです。
でもそこで適当に「へぇーそうなんですかぁ~?」とか「よくわかんないですけどすごいんですねぇ」
と返してしまうと、さすがの男も「この女ダメだな」と気がついてしまいます。
ダメ女だとバレたら終わりです。そこは無意味にテンションをあげて、
「えー! なにそれ!?  知りたい知りたーい♪」と言っておくのが正解。たとえ興味がない話題でも、
テンションと積極性でその場を乗り切りましょう。積極的に話を聞いてくれる女性に男は弱いのです。

いろいろと話を聞いたあと、「ペタッキはスプリンターで、サストレがクライマーなんですね! 覚えたぞぉ! メモメモ!」
などとコメントすればパーフェクト。続けて頭に指をさしてくるくる回しつつ「くるくるくる! くるくるくる!」
と言って、「どうしたの?」と男に言わせるのもアリ。そこで「アームストロングのペダリングをイメージしているでありますっ☆」
と言えば女子力アップ! そこでまた男は「この子おもしろくてカワイイかも!?」と思ってくれます。
私はレース歴も知識もありませんしデブですが、こういうテクニックを使えば知識がない私のようなバカ女のほうがモテたりするのです。
男は優越感に浸りたいですからね。
 
4. 自転車屋ではカーボンフレームに乗れない女をアピールせよ
男と自転車屋に入ったら、真っ先にTREK Madonシリーズなどのカーボンを使ったバイクを探して
「あーん! 私これ乗れないんですよねぇ~(悲)」と言いましょう。
するとほぼ100パーセント「どうして? 嫌いなの?」と聞かれるので、
「嫌いじゃないし乗りたいけど乗れないんですっ><」と返答しましょう。
ここでまた100パーセント「嫌いじゃないのにどうして乗れないの?」と聞かれるので、
うつむいて3~5秒ほど間をおいてからボソッとこう言います。
「……だって、……だって、フレーム割れら死んじゃうじゃないですかぁっ! 
死ぬのは嫌ですぅ! まだ1勝もしてないのにぃぃ~(悲)。もう笑ったり泣いたり出来ないんですよ……」
と身を震わせて言うのです。

その瞬間、あなたの女子力がアップします。きっと男は「なんて優しいロングライド用クロモリロードのようなコなんだろう!絶対にゲットしてやるぞ! コイツは俺の女だ!」と心のなかで誓い、あなたに惚れ込むはずです。
意中の男と付き合うことになったら、そんなことは忘れて好きなだけカーボンバイクに乗っても大丈夫です。
「乗れないんじゃなかったっけ?」と言われたら「大丈夫になった」とか「剛性と軽さ、そしてクッション性が・・・」とか、「金属とかオワコンだろ。」と言っておけばOKです。

0 件のコメント: