2011年6月9日木曜日

AKG K701



けいおん!の澪フォンで有名なAKGのヘッドホン「K701」を購入しました。

ほぼ衝動買いなんですが、色とかデザインが好きなのと、どうやらK701は
すでに生産終了しているらしく、もうすぐ新品で買えなくなるのでは?
という話があったりしたのが一応は理由(言い訳)です。

とは言うものの、音については以前に試聴したとき5万円以下では
STAXに次いで好みの音だったことと、イヤホンにSennheiser IE8を
使ってるため、今まで使ってたATH-AD400の音にどうにも満足いかない
のが大きな理由。

これで外ではSennheiser IE8、家ではAKG K701という体制になりました。
hehe....

で、パッケージですが、こんな感じ。


中を開けると台と、ミニプラグ用のアダプタが付いてました。
意外と便利。

次女にモデルを依頼しました。装着した感じはこんな感じです。

モデル料はりんごジュース。


ではでは、箇条書きで簡単レビュー

・音は至ってフラット。解像感は良いけれども、あまりモニター的な感じではない。
・女性ヴォーカル曲がすごくキレイに聞ける。他もほぼオールジャンルいけちゃう。
ただ、重低音ドーン!的な音質が合う曲だと迫力に欠ける。
・インピーダンスが高いので音量を結構上げないとダメ。ヘッドホンアンプ等必須。
・バンドのイボイボが当たり所が悪いと痛いので、痛かったらちょっとずらすと効果的

2.5万円で買えて、デザインがよく音もいいし、澪フォンとかリファレンスモデルとか
そういうプレミアム感も付いてくる良いヘッドホンだと思います。

低音は強くないのでドンシャリっぽいヘッドホンを他に持っていてもいいかも。

0 件のコメント: