2011年12月25日日曜日

私の東日本大震災 4


5月以降

その後、段々と落ち着きは見せてきたものの、余震は半年以上継続。
ただ、一部で懸念されていた、関東への大地震は現在のところ起きていない。

数ヶ月して、被災地へのボランティア体制なども整い、会社の同僚や上司が被災地にボランティアに行ったり、人によっては会社を辞めて現地へ行った人もいた。

私も微々たるものだが、募金や被災した知り合いに家財をお渡ししたりした。

また、今年は転職、結婚、出産する人が多く、この地震が直接的な被害を被った方々以外の人にも大きな影響を与え、様々な転機を生み出したことが分る。


原発は12月に収束宣言が為された。宣言事態が政治的判断だとか、批判は多いが、事実今まで測定を続けてきた格納容器の温度が安定的に100℃を下回り、ステップ2が完了したことはデータからみて間違いないだろう。

これは、現地での困難を極めた作業の成果だ。実際に作業をして下さった方には本当に頭が下がる思いです。

しかし、如何せん未だに除染作業の遅れや今後も継続する食物への放射性物質の混入など心配は絶えないし、福島第一原発を更地にするには30年~40年が掛かるということだ。

現在日本にある原発の実際の稼働率は20%(11/54)程度だ。今回の事故で原発の危険性は元より経済的な優位性についてもかなり疑問視が出てきている。


管前総理の再生可能エネルギーの全量買取制度により、太陽光ビジネスは破竹の勢いで拡大しており、昨日業者に聞いた話では、業者の数自体が非常に増えたし、全量買取の価格が発表されるという来年春のスタートダッシュに向けて、各企業が様々な施策をすでに始めているそうだ。

もちろん再生可能エネルギーだけでは、現在日本で使っている電力すべてを賄うことは出来ないが、原発を無くし、さらに空気や環境を出来るだけ汚さないエネルギー政策が加速することを祈るばかりだ。



最後に

今回の地震で命を失った方のご冥福をお祈りします。

そのご家族の方々、被災者の方々、お悔やみを申し上げます。

被災地や原発での復興作業に携わった皆さん、ありがとうございます。

日本を支援してくださった海外皆さん、ありがとうございます。


皆様の来年がすばらしい年になりますように。

0 件のコメント: