2012年2月21日火曜日

リフォーム記 基礎


と、言うわけで基礎編です。
前回母屋の歪みを修正したので、今度は足元固め。


今までは玉石基礎といってこの写真のように石の上に柱が乗っているだけの状態でした。




それを金属で補強した上、100年経って沈むだけ沈んだ玉石ごとコンクリを打っていきます。



増築部分も含めてまず捨てコンをうち、水平を取った上で鉄筋を組んでいきます。


そのあと、さらにコンクリをたっぷりと流し込んでベタ基礎を作成。
柱や土台、大引きを載せるための布基礎の枠を組み立て。


この時点で、先ほどの玉石基礎はコンクリの中へと埋まっています。ただ玉石の上に乗っていた状態から比べるとものすごくしっかりしました・・・。


大黒柱もこの通りガッチリと固定。玉石の上で地震を受け流す「柔」の構造から、耐震の「剛」構造への変換です。もちろん、現代の技術で構造計算を行ってるので現代の耐震基準を満たすレベルまで耐震強度は向上するそうです。

というか、素人目に見ても相当丈夫になってます。



そんなこんなで基礎が完成!

0 件のコメント: