2012年7月23日月曜日

リフォーム記 屋根工事最終章


7月21日、屋根作りが始まって3ヶ月ほどのこの日、ついに屋根が完成しました。

まずは、屋根の全貌をお見せしましょう。



平葺のガルバリウム合板の屋根です。
前に建っているマンションの3階からの見た目がこんな感じです。


続いて庭からの見た目。
雨樋がないことで、すごくシンプル。
そして、大屋根に載っている棟が和風の雰囲気を強調しています。

まさにイメージ通りの屋根になりました!色々と悩んだ甲斐がありました・・・。

作って頂いた板金屋さんや設計士さん、宮大工の皆様には本当に感謝です。


裏の屋根に登って撮影した写真がこちら。
棟についている通気口からは、夏屋根の中で熱された空気が上に抜けるんだそうです。

実はこの屋根、先週にはほぼ完成していたのですが、土曜日に最後のパーツを付けることで、完全に完成しました。

それがこれです。



そう、家紋です。画竜点睛が如く、大屋根の棟の左右に付ける作業が行われました。



丸に横木瓜の家紋が屋根に輝きました。


さてはて、冒頭の写真。これは今回うちの屋根を作ってくださった板金屋さんの作品です。
今回、ご好意でうちに作品を持ってきて下さり、プチ展覧会を開いてもらいました。
まさに芸術。圧巻でした。


これは、東大寺の阿吽像の作品。


横から見てもこの通りの立体感で物凄い迫力でした。
本当に貴重なものを見せていただきました・・・。


そして、うちを作ってくださっている吉匠建設工藝さまからリンクの許可を得ました!
こちらのブログにもうちの記事が載っています。


2 件のコメント:

takumi さんのコメント...

すげえ!!すげえ!!すげえ!!
しつこいですが、すげえ!!
他に言葉が見つかりませんわ^O^/

arkstrong O さんのコメント...

takumiさん

ありがとうございます~!
板金の技が凄まじかったです。