2015年1月27日火曜日

自作革ハンドル(失敗編)



さて、革サドルも自作できたので、革ハンドルだって行けちゃうだろうという安易な考えのもと、下調べもそこそこにやってみました。

まず用意するものはこんな感じ。穴開け用の道具と、100均で買ったカッターと、カッター用の下敷き。革用の針2本。ロウ引きされた麻糸と、はぎれの革、そして裏に張り付ける用のコルク。あと、写真にはないがG17の接着剤と、木槌などのハンマーが必要です。

全部買うとすると、総額で1000円ちょっとでしょうか。


まず、革とコルクを必要な大きさに切ります。長さはハンドルで必要な長さをしっかり測って決める必要があります。
幅は、ハンドルの握り径が22.2mmならば7cm前後で良さそうです。今回は7cmきっかりでやってみました。

そして切ったら、G17接着剤でくっつけましょう。



次にこのようにして糸を通すための穴をあけておきます。
実はこの穴あけがすでに失敗だった。今回2mm幅で穴をあけたんだけども、間隔が狭すぎたようなので、今回のような縫い方(クロスステッチ)にする場合は、4mm~5mmくらいにすることをおすすめします。


両サイドに穴をあけるとこんな感じになります。
そして、糸を、革の長さの大体8~10倍くらいにして切ったら両端に針を通します。


こんな感じでした準備が出来たら、革を縫っていきましょう。
やりかたはこの動画を参考にさせてもらいました。




さてはて早速縫ってみます。


そして失敗しました・・・。
幅2mmでは狭すぎたので、途中で、穴を一つ空けに変更して縫いました(´・ω・`)



最後まで出来たらこんなふうになります。
裏にコルクを張り付けたので7cmだと若干短かった感じです。。7.2~7.4mmでもよかったかもしれない。


両側をやったら終了です。長さをしっかり測ってやるので、ぴったりとした感じになります。
また、今回はサドルの革と同じものを使っているので、色が完全に統一されて、いい感じに仕上がりました。(失敗したけど、クロスステッチ部分は裏に下のでそんなに気にならない)


握り心地は流石に本革だけあって心地いい感じです。それに、クロスステッチ部分が指の第一関節にかかるようにしたので、グリップ感が特にいい感じに。

クオリティー的には失敗でしたが、初めてにしてはそれなりの出来になった気がします!

次はフレームカバーに挑戦しようかなっ

0 件のコメント: