2015年12月12日土曜日

ThinkPad L512 4444RW8 HDD換装 SSD化

約5年前に買ったノートPC ThinkPad L512 4444RW8。

ThinkPad L512 4444RW8 レビュー①

当時の価格は32,500円で5年選手は相当なコスパでしょう。

と、言っても、購入以降、CPUを換装しメモリを追加しwindows10にOSをアップデートするなど、色々と手を掛けてきました。

ThinkPad L512 4444RW8 CPU換装

それなりに使えていたんだけど、OSのクリーンインストールを購入後一度もしていなかったせいか動きがかなりもっさりして、さらには突然電源が落ちる等の症状も出てきてしまいました。

電源の落下はおそらく熱暴走だろうと予想し、今回はCPUグリスの高性能化と、HDDの換装(SSD化)を行いました。

SSDはSANDISKのものを使用


SanDisk SSD PLUS 240GB

換装方法は非常に簡単。さすがThinkPad。

やり方はこのAkibaPC Hotline!さんを参考にしました。



























ようは、この画像の下にある金属のやつがHDDなので、黒いリボンを引っ張ってジャックを外してから上にあげて取り外し、ねじ止めされた7mm厚のHDDをSSDに交換して元通りに戻すだけです。

その後、通常はDSP版のwindows10などをぶち込めばいいんですが、今回は節約のため、家に余っていたWindows Vistaを入れて、Windows7を経由してWindows10にアップグレードしました。
(たぶんVistaからWindows10にもできたんだろうけど、ドライバの関係かLANがうまく作動しなかったため、Windows7を経由しました;;)

結果として当初からのアップデートは


* オペレーティングシステム:WindowsR 7 Professional 32bit 正規版
  ⇒Windows10 Home 64bit

* プロセッサー:インテルR Core Celeron P4500 プロセッサー 1.86GHz 2MB インテルR スマート・キャッシュ
  ⇒Intel® Core™ i5-480M Processor (3M Cache, 2.66 GHz)

* RAM 標準/最大:2GB(PC3-10600 DDR3 SDRAM) / 8GB
  ⇒PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB ×2 = 4GB



* HDD:250GB(5400rpm) (シリアルATA/2.5インチ)
  ⇒SanDisk SSD PLUS 240GB SDSSDA-240G-J25


CPU・メモリは秋葉原で中古を格安購入したので、投資額はおそらく15,000円程度。


体感としては、やはりOSのクリーンインストールとSSD導入は大きいようで、測ってはいないけれど、起動時間は1/3くらいにはなりました。OSを64bitにしてメモリも4GB認識するようになり、ThinkPad系のツールもなくなったので、もっさり感が全くなくなりました。



CrystalMarkのベンチマークの結果は当初から123%上昇するという恐ろしいレベルに・・・。
HDDスコアに至ってはもともと遅いHDDではなかったのに、3倍以上のスコアに。


CrystalMark 65513 145867 223%
ALU 17203 35879 209%
Fibonacci 7048 12222 173%
Napierian 4032 9628 239%
Eratosthenes 2011 5176 257%
QuickSort 4090 8831 216%
FPU 12787 36602 286%
MikoFPU 1783 5680 319%
RandMeanSS 5845 15762 270%
FFT 2406 7758 322%
Mandelbrot 2731 7380 270%
MEM 16132 23555 146%
Read 5935.05 MB/s (5935) 7290.87 MB/s (7290)  
Write 3268.15 MB/s (3268) 5087.38 MB/s (5087)  
Read/Write 3272.39 MB/s (3272) 4657.70 MB/s (4657)  
Cache 36352.67 MB/s (3635) 64990.51 MB/s (6499)  
HDD 10117 32319 319%
Read 81.21 MB/s (3248) 242.22 MB/s (6422)  
Write 68.36 MB/s (2734) 211.97 MB/s (6119)  
RandomRead512K 34.52 MB/s (1380) 148.73 MB/s (4974)  
RandomWrite512K 44.87 MB/s (1794) 205.12 MB/s (6051)  
RandomRead 64K 6.84 MB/s (273) 94.63 MB/s (3785)  
RandomWrite 64K 17.21 MB/s (688) 148.41 MB/s (4968)  
GDI 6396 11399 178%
Text 2181 4936 226%
Square 795 1195 150%
Circle 1626 2475 152%
BitBlt 1794 2793 156%
D2D 1292 2114 164%
Sprite 10 455.01 FPS (45) 247.50 FPS (24)  
Sprite 100 221.11 FPS (221) 198.12 FPS (198)  
Sprite 500 49.19 FPS (245) 84.11 FPS (420)  
Sprite 1000 25.39 FPS (253) 46.29 FPS (462)  
Sprite 5000 5.25 FPS (262) 10.08 FPS (504)  
Sprite 10000 2.66 FPS (266) 5.06 FPS (506)  
OGL 1586 3999 252%
Scene 1 914 1925  
Lines (x1000) -96606 -244203  
Scene 2 CPU -16 -32  
Scene 2 Score 672 2074  
Polygons (x1000) -23715 -87432  
Scene 2 CPU -16 -32  


最新のベンチマークも試してみました。
GeekBench 3

http://browser.primatelabs.com/geekbench3/4502351

ざっくり言うと、surface3以上、surface 3 Pro以下って感じ。

まだまだ十分戦えます。

ノートPCを選ぶ条件として、拡張性を考慮するのもいいかもしれないですね。

0 件のコメント: