2016年4月2日土曜日

Zenfone MAX レビュー

スマートフォンに求めるものは何ですか?

スタイリッシュな見た目?
最強のプロセッサパワーと通信速度?
片手に収まる超高精細な大画面?


いや違う。正解はこの動画を見れば分かるでしょう。





そう。圧倒的な大容量バッテリーに決まってる。

と、いうわけで買いました。ZenFone Max。



価格は30,000円(税込)

楽天スーパーセールを利用したのでポイントが20%くらいは入ってくるので実質24,000円くらいでしょうか。

同じ画面サイズのiPhone6s PlusはSIMフリーだと98,800円なので、1/4ほどの価格ということに。


そもそもASUSっていうメーカーはPCを自作したことのある人ならば間違いなく知っているであろうマザーボードをはじめとするPCパーツの老舗台湾メーカー。

実際かなり信頼のおけるメーカーです。っていうかむしろ個人的にはAppleよりも好きなメーカーだったりします。

とりあえず簡単に主要スペックを比較してみましょう。

機種・モデルZenFone MaxiPhone6s Plus
OSAndroid 5.0.2(Lolipop)iOS9.3
ディスプレイ5.5インチ5.5インチ
本体サイズ156×77.5×10.55 mm158.2mm×77.9mm×7.3mm
重量202g192g
解像度1280×7201,920✕1,080ピクセル
CPUSnapdragon 410 4コア 1.2GHzA9(64bit)
RAM (メモリ)2GB2GB
ROM (ストレージ)16GB16~128GB
背面カメラ1300万画素1,200万画素
背面カメラF値f2.0f2.2
前面カメラ500万画素500万画素
バッテリー5000mAh2700mAh
バッテリー持続時間連続通話時間 :約2257分
連続待受時間:約683.6時間
連続通話時間 :約1440分
連続待受時間:最大384時間

意外と善戦しているZenFone Max。そして圧倒的なバッテリー容量。


しかし、iPhone6s Plusを含めiOS勢が圧倒しているのはベンチマークスコアのようで、
GeekBench3の結果を見ると大変なことに。

機種・モデルZenFone MaxiPhone6s Plus
Single-Core Score4922485
Multi-Core Score14744341

OSのアーキテクチャの違いなのか、iOSのスコアが非常にいい様子。
ただ、Andoroidだと、Nexus 6PあたりでもSingle-Coreでは672程度なので、スコアが悪いからと言って遅くて使い物にならないわけではなさそうです。

実際、SNSやブラウザ等、通常のアプリケーションの処理で重いと思ったことは今のところないので、重量級のアプリケーションでも動かさない限り問題なさげ。



では、実際にこの巨大電池が何日持つのかってことですが、ズバリ、私で3日持ちます。
ある程度のヘビーユーザーでも2日は持つでしょう。


3日間実際に使用した結果がこちら。4日目にバッテリー切れになる感じ。

因みに、今まで使っていたF-01Fだと、1日半か2日持つかどうかでした。

リバースチャージとかは試してないけれど、専用のケーブルがついてるのでそれでやるみたい。



とりあえず大満足な端末で、長い付き合いになりそうです。

0 件のコメント: