2017年11月25日土曜日

Zwiftを1ヶ月やったらFTPが44W上昇した話。

Zwiftを初めて1ヶ月が経ったんですが、効果は絶大。
FTPが44W上昇しました。

zwiftを初めてやったときに実施したのがこちらのFTPテスト。

10月21日、FTPテスト。きつい。20min全力の前の5minで既にひぃひぃ状態。





結果的に、20min全力で平均276W。FTP263W 2.92W/kgという記録でした。



つよポタミアさんのブログによると、



このように分類されるので、低脚認定になりますっ
詐欺じゃないことが判明しました。

その後は、zwiftのやり方を覚えつつトレーニング。

定番のSST(Sweet Spot Training)やら、イベントトレーニング、イベントレースへの参加をしたり、チームメイトをストーキングしてみたりと遊んでいました。

1週間半ほどやったあと、知り合いがSSTしているところを見つけて追走してからzwiftを終了すると・・・・



こんな表示が。
プロフィールを更新しますか?

選択肢・・・「はい」 のみ。

だが断れない。


恐らく、20分の平均出力などから自動的にFTPを算出してFTP詐欺を防ぐ機構が組み込まれているんでしゅうね。なかなか興味深い。

11月1日、FTP281W 3.12W/kg

並脚に昇格しました。


その後、だんだんzwiftにも慣れてきて、興味のあるイベントを中心に遊んで行きました。
別府選手と走るイベントとかもあってモチベーションも保てます(*'▽')


それからまた一週間。11月10日、FTPテストに臨んでみました。


結果、20min全力で平均312W。FTP296W 3.28W/kgという記録でした。


ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪上がった上がった~!

やはりFTPなどの定量的な指標が上昇するとやる気が出ますね。


それからさらに一週間・・・

今度は秘密兵器の導入をしてみました。


そうです。楕円、というかOsymetricタイプのチェーンリング。
ギアが1枚軽くなる?という迷信があります。

とはいえ、クリス・フルームやウィギンスを含め、世界的な選手も使用しているので、合う人には本当に一定の効果があるんでしょう。

実際に効果のほどはというと・・・。

まず、明らかに使う筋肉が変わります。真円チェーンリングでは引き足が重要になるので、腰回りやケツ筋に結構負担が来るのですが、Osymetricタイプにしたら、大腿四頭筋の負担が大きくなり、腰回り、ケツ筋への負担が減ります。

個人的にな感想は、体への負荷のバランスが真円よりも良いなぁということ。
平均W数の向上というのは確かに望めるかもしれません。

ああ、なるほどと思ったのですが、このチェーンリング、使用しているのはクリス・フルームやウィギンスなどのオールラウンダーやTTスペシャリストが多く、スプリンターが使っているという話はあまり聞きません。

そして、スプリンターはケツがデカい。


恐らく、真円のほうが高回転で瞬間的なパワーを叩き出すのには有利なんじゃないかと思います。Osymetricタイプの場合、下死点に到達する寸前くらいで一気にトルクが抜ける感覚になるので、真円よりも瞬間的なパワー増減の際にチェーンリングの回転速度が1回転する間に上下するため、それが振動のような形になってバイクバランスを揺らすので、スプリントには向かないのかなーと思いました。

しかし、一定のパワー出力を行うTTなどの種目の場合、各筋肉に対する負荷のバランスが良くなる上、ペダリング効率の向上が予想されるので、平均出力パワーの向上は十分考えられます。

実際、初使用にも関わらずFTP測定で数値の向上が確認出来ました。

現状、トレーニング開始期のため定量的な判断は出来ませんが、少なくとも効果がマイナスになっていることはなさそうです。


DOVALチェーンリングを使用して初日、慣らし運転をした後に計測した結果がコレです。

11月17日、FTPテスト




20min全力で平均323W。FTP307W 3.52W/kgという記録でした。
(因みに当初より体重も3kg減りました)





っシャー。良脚までたどり着いたぜ!

というわけで、1ヶ月弱で263W→307WへFTPが向上
体重比率についても2.92W/kg → 3.52W/kgと、0.6ほど向上しました。


さぁみんな、zwiftをやろう。




そうそう、DOVALチェーンリングについての追記ですが、その後3回ほど使用したところ、どうもフロントディレイラーに干渉するようになってきました。これ、ギア板歪んできてるな。

やはり安物はダメか。


とはいえ、安価にOsymetric体験は出来ますけどね。

0 件のコメント: