2017年12月12日火曜日

Neilpryde Nazaré レビュー ファーストインプレッション+初期カスタム



家は3軒建てないと本当に自分の納得できる家が出来ないというが、ロードレーサーもそれと同様、少なくとも3台は乗り継がなければ自分で納得できるものを手にすることは難しい。

彼是、クロモリ3台、アルミ1台、カーボン1台を乗り継いだ私だが、次のロードは自分がもっと納得できるものを選びたいと思っていた。

身長が高いため、適正フレームサイズは580~600。今まではそれに該当するサイズを選択してきたのだが、なんとなくしっくり来なかった。どうやら私のフォームはコンパクトなのか、トップチューブ長は短めのほうが良いらしい。トップチューブが580mmくらいあると、ステムは90~100mm程度で十分だし、そもそも短足なので、大きいサイズのフレームではレーシーなサドルハンドルの落差が取れない。

さらに、私はどちらかというとサドルの着座位置を前後にずらしながら後ろ乗りのペダリングや前乗りのペダリングを組み合わせて乗るタイプ。
そして最近zwiftをやって気が付いたのだが、前乗りで踏み込むスタイルの時が出力を出しやすいようだ。

これらを総合して考えると、サドル位置は前めにしてシート角度を起こし、ステムは長めにしてやる方が良いと考えた。

よって、今回は1サイズ下の560mmを選択した。

これにより、サドルを前めにしてステムを長くし、落差も確保することが出来る。

フレーム選択の条件としては、「エアロ」であることと、「重い」こと。

最近は平地が楽しい。高速巡行最高。ゆえにエアロ。

また、昨今の軽量カーボンフレームはフレーム重量で1kgを大きく下回ることも多いのだが、私の体重を考えるとフレーム自体の寿命が短くなってしまう懸念がある。

プロ選手の知り合いやプロショップの人に聞いても、トップグレードの超軽量フレームを重量級の選手が乗ると、1年持たないことも多いらしい。

もちろんトッププロであれば使い捨てと考えてそれも良いのだろうが、そんなコスパが悪いことは出来ない。

その条件で探していったとき、wiggleでベストに近い一台が見つかった。
それがNeilpryde Nazaréだ。



105組で16万円台。安っ。

今まで使っていたFOCUS IZALCOは10速デュラエースだったのだが、7速時代から始めた自分にとってそれは結構なオーバースペックだったので、今の製品レベルを考えれば105でも十分だろうという判断だった。

変速は機械式なら調整である程度のレベルにはなるし、ブレーキは握力でなんとでもできる。懸念があるとすればクランクの剛性くらいだが、乗った感じそれほどの違いは感じなかった。

さらに今までからの大きな変更点としてはクランク長だ。フレームサイズを小さくしたことにより、クランク長は172.5mmになる。今まで175mmを愛用してきたのだが、175mmを使用すると、エアロフォームを取ったとき、膝の上昇位置が高くなるため、窮屈になってしまう欠点があった。2.5mmとは言えこの窮屈さが解決されるのは、落差をさらに出す予定の今回のバイクにとっては良い選択肢かもしれない。

そんなこんなでwiggleにNeilpryde Nazaréを発注。

最近wiggleの注文はオランダから発送されるのだが、無事、約2週間ほどで到着した。税金は消費税を取られたのみ。


いつも通りのwiggle箱に入っている。


開けてみるとこんな感じ。前(7年前)に比べると雑かな?必要十分とも言う?


出してみる。ハンドル・シートポスト+サドル・ペダル・前輪が外れた状態なので、クッション材を除去してささっと組む。


デフォルト+ultegraペダルを組みつけた状態がこちら。

えーっと、調整は雑。後輪ブレーキが片効きしている。だがどうやらこの片効き、ホイールのセンターがずれているようだ。完組なのにそんなことってあるのかとちょっと驚き。

さらにリアディレイラーの変速が良い具合でない。原因はワイヤリング。
ハンドルから出るアウターワイヤーが長すぎる。そのためワイヤーの戻りが悪くなっているのだろう。

まぁ、どうせすぐパーツ交換するのでこの時点では捨て置くこととした。

軽めに調整しデフォルトで乗ってみる。
バランスの良いフレームだ。剛性は高いけれど、衝撃吸収性も悪くなく操舵性も良い。
ただ、ホイールは重い。因みにペダルなし重量は8.3kgほどで、ペダルを入れると8.7kgほどになった。


エアロシェイプが美しい。


デザインセンスも流石で、赤なのにケバケバしくなくてスタイリッシュにまとまっている。フォークの収まりなんかは感心してしまう。キレイなロードレーサーだ。




さて、ここからだ。

デフォルトからの初期カスタマイズの方針はこうだ。

・サドルは慣れたものにして前乗り重視のポジションとし、ステムを延長。

・RDとスプロケをワイドレンジにする。今まで9速や10速だったので、クロスレシオに対するこだわりはないし、体重が重いので上り下りでの速度差を考えてレシオを広く。

・先日のosymetricチェーンリングの効果を踏まえて今度は楕円チェーンリングに挑戦する。

・パワーメーターは高いので見送り。


それをパーツ交換に落とし込むとこんな感じになる。

1.ステムの変更

110mm → 130mm




2.サドル変更

デフォルト → selle smp dynamic




3.リアディレイラー

105(5800) → ultegra R8000 ミドルゲージ





4.スプロケット

105 11-28 → ultegra 11-32




5.ホイール

デフォルト → ICANカーボン 50mm




6.チェーンリング

105(5800) 52-36 → AbsoluteBlack 楕円チェーンリング 52-36





そんなこんなで完成したのがこちら。


AbsoluteBlackかっけぇ。RDのR8000もメカニカルな雰囲気がある。そしてやっぱりこんフレームにはディープリムが似合う。

ステム -6°のものなので、慣れたらもっと角度をつけても良いかもしれない。

週末乗るのが楽しみだ。

0 件のコメント: